BLOG

エイジングケアは角質層をケアすることが大事

美容成分リピジュアが凄い!

デュコラのお化粧品には、“リピジュア”という成分が配合されています。

お化粧品の成分についてメーカーの方とお話しした際、リピジュアは一押しの成分!ということでした。

ではこのリピジュアとは・・・?
ググググーっとググってみましょう。

リピジュアは元々、医療用の人工皮膚や人工臓器などのために開発され、研究が進むうちに高い保湿力があることがわかり、化粧品にも使用されるようになりました。
リピジュアには高い保水力があり、その保水力は保湿成分として有名な「ヒアルロン酸」の約2倍といわれています。
リピジュアは外部の刺激から肌を守る「角質層のバリア機能」をサポートします。
と、あります。

ヒアルロン酸の2倍ってスゴイですよね!?

 

乾燥と外部刺激から生命を守る角質層

健康的なお肌とは、みずみずしく、そして弾力があること。

肌表面の角質層は、健康な状態では肌内部の水分を維持したり、外部の刺激(乾燥や紫外線、刺激による摩擦等)から肌を守る「バリア機能」の役割を果たします。
このバリア機能をいかに正常に保つかということが、”スキンケア”で最も重要なポイントとなります。

角質層は、常にターンオーバー(皮膚の新陳代謝)によって健常な状態が保たれていて、肌が不調で角質層が乱れてしまうと、肌内部の水分が蒸発して乾燥を引き起こしやすくなるんですね。

そんな荒れた角質層の隙間を縫って外部の刺激物質が侵入すると、表皮にあるターンオーバー移行中の細胞がダメージを受けるため、健全なターンオーバーが阻害されてしまいます。
この状態が、敏感肌あるいは乾燥肌の一因と考えられていて、角質層を修復しなければさらに状態が悪化する悪循環に陥るわけです。

「私の乾燥肌って、ダメな角質だからだったのね!」

「高い美容液を使っても乾燥が良くならないから、もう諦めてたの」

「諦めないでくださいね!」

「健全な角質層になれれば、内側からのハリが戻ってきますから^^」

 

角質層のお助けマン

 

リピジュアが角質層中に浸透することで、角質層のバリア機能が補強されます。
ほころびが修復されたバリア層は、体内から外に逃げようとする水分を逃さず、乾燥した季節でも高い保湿効果が得られます。
そして、外部からの刺激物質やアレルゲンの侵入も防ぎ、健全なお肌の状態を保ちます。
かなり強力な保水力です。

「リピジュアって、ヒーローみたい~^^」

肌になじみやすく角質層によく浸透するリピジュアを使用すると、保水性に優れた膜をつくって外部の刺激から肌を守ってくれるので、バリア機能をサポートすることが期待できるんですね。

こんなお助けマンのリピジュアがしっかりと配合されたコスメ達でのお手入れで、エイジングケアをサポートするコースが、
当店の新メニュー・デュコラエッセンスピールケアコースです。

冷房で、「あ、乾燥してるかも!?」

と、感じたら・・・・・即、エレールに駆け込んでくださいね~!

 

Pocket

世田谷の40代からのお悩みフェイシャルエステサロン・エレール

世田谷の40代からのお悩みフェイシャルエステサロン・エレール

電話予約:03-5706-8253

営業時間:10:30~20:00 / 最終受付(電話受付)18:00
定休日:毎週水曜日
東急大井町線「尾山台」駅より徒歩3分

WEBからのご予約はこちら

プロフィール

世田谷・尾山台のエレール

世田谷・尾山台のエレール

過去記事